人妻との出会いを求め続けて

18歳未満は退出してください 不倫出会いの体験談

人妻との出会いを求め続けて


僕は32歳で、とある家電量販店で販売の仕事をしています。僕はまだ独身で、今は彼女もいないフリーの身です。
そんな僕には少々変わった性癖があります。それは、人妻の女性に女性主導でセックスさせてもらうことです。というのも、僕の童貞も人妻の女性に奪ってもらったので、その時の体験が病み付きになったのです。僕のちんちんを一心に貪る様と、旦那さんやお子さんにバレたらヤバいという背徳感とスリルがたまらないのです。
ですが、知り合いの人妻に手を出すと後が大変なので(笑)、ネットでそういう出会いを求めるようにしています。探すポイントはやはり不倫出会い一択です。できるだけ年上の女性で、いかにもなおばさんがいいんです。
実は昨日も人妻と会っていました。昨日会った女性はたまきさんという人で、なんと50歳です。僕より2倍も年上です。あちらは今まで自分と近い歳の人としか会ってなかったそうですが、何度も「お姉さんに僕を男にして欲しい」とメールを出して口説き落としました。
実際に会ってみると、本当に年相応のおばさんで、僕のちんちんがすぐに反応してしまってどうしようかと思いました。僕が思わず持っていたコンビニの袋で股間を隠すと、たまきさんは「こんなおばさんで反応するなんて、変わった子なのね」と言いながら、さりげなく僕の下半身に触れてきて、思わず小さく声を出してしまいました。そんな僕を見てたまきさんは小さく笑って、「しょうがないわねぇ」と言いながら、近くのホテルに僕を連れて行ってくれました。
ホテルに着いてから、一緒にお風呂に入りました。僕のちんちんはもう先走りを出しながら立ちっぱなしです。たまきさんは自分の身体をさっと洗ってから、僕の身体を洗ってくれました。石鹸の泡にまみれて動くたまきさんの手が気持ちよくて、うっとりとした時間でした。最後に僕のちんちんが残りました。たまきさんは「どうしようかなー、洗おうとしても、すぐ出ちゃうわよねー。自分で洗う?」と意地悪そうに聞いてきたので「お願いします。洗ってください」と懇願しました。たまきさんは「しょうがないわねー」と言いながら、指で僕の裏筋をつつつーっとなぞりあげるので、僕はもうたまらなくなってその場で出してしましました。僕の出したものがたまきさんの顔や身体にかかってしまって、たまきさんは「せっかく洗ったのに」と笑いながらまたシャワーを浴びて、それから僕のちんちんを洗ってくれました。
それから、ベッドの上でかわいがってもらいました。「旦那さんともこういうことをするんですか?」と聞くと「もう旦那とは御無沙汰よ」という返事が返ってきました。たまきさんに身体を愛撫してもらいながら。旦那さんやお子さんのことを聞きました。困ったように答えてくれるたまきさんの姿に僕はまた興奮して、今度はたまきさんの口の中に出させてもらいました。
その後はたまきさんのオッパイを吸わせてもらってたらまた復活したので、上にまたがってもらって騎上位でセックスしました。犯されている感じがたまらなく興奮しました。
セックスが終わった後もたまきさんのオッパイを吸わせてもらいながら一時を過ごしました。たまきさんも「こういうのもたまにはいいわね」と満足してくれて嬉しかったです。
こういう素敵な人妻に出会い続けるのを楽しみに、これからも不倫出会いを探して行こうと思います。

32歳/販売

【完全無料】不倫奥様紹介倶楽部



ネット系、不倫出会いの体験について



結婚をして10年が経ち、子供も大きくなってきたのですが、普段の生活の中で物足りないことがエッチができる女性がいないことです。
妻とはもう何年もしていないどころか、会話も必要最低限のことしか話をしていません。
彼女が欲しいといざ考えても、なかなか知り合う機会がないこともあり諦めていたのですが、ある雑誌を見てネットで手軽にできることを知りました。
こういった方法での探し方には抵抗がありましたが、妻には絶対にばれないように不倫出会いができると思い登録することにしました。
登録して驚いたことは、私のように不倫出会いを考えているを求めている女性がとてもたくさんいたことです。しかも、そういった女性が同じ市内にたくさんいることにも驚きました。これなら、絶対に不倫相手になってくれる彼女ができると確信しました。
始めて1週間ほどで、希望する相手が見つかりしかもその相手は車で20分程の場所に住んでいる女性だったので、気軽な気持ちで会うことができました。その女性は結婚して子供もいるのですが、見た目は全くそのように見えないほど若くて綺麗でした。
初めに割り切った付き合いができることを確認し合い、1ヶ月に5回程お互い時間があるときに会って食事をしてエッチをしました。
その女性は仕事をしており、しかも銀行で働いているこということに驚きました。堅い業種のようなイメージのある銀行ですから、こういったことをする女性がいるのだということもまたゾクゾクさせてくれます。
さらに驚いたのは、その女性は一人の男性では物足りないというほどエッチが好きで、私の他にも2人、大人の関係を続けている人がいるみたいです。
彼女と出会ってから半年が経ちましたが、私にとっては放したくない最高の女性なのでこの関係をまだまだ続けていきたいと感じています。ほんとうかどうかは解りませんが、彼女も私と一緒の時間がもっと欲しいと言ってくれますので、そういった言葉を聞くと燃え上がってしまいます。

36才会社員


【完全無料】近所DE不倫



出会い系で知り合った欲求不満人妻との不倫



出会い系サイトの不倫出会いで割り切りできる人妻を探していました。
やりとりし始めた女の子のプロフィールが20代前半だったので会うことにしました。

彼女は23歳の人妻でした。
ネットのプロフィールの年齢を正直に書いていたことにホッとしたのと、実際に会うと童顔で可愛い声が好みのタイプでした。
彼女は結婚してすぐ旦那が豹変して浮気をして家に戻ることが少なくなり、喧嘩をして今は別居中だそうです。
いつも家には独りで孤独感があり、不倫出会いで男性を探していたそうです。

話しを聞いていくともう旦那の悩みは自分で解決しているのか、事情を話した後は普通の他愛の無い話しをしていました。
見ているドラマが同じでその話しをいろいろ話していると話しが弾んできて、少しずつ打ち解けていきました。
店を出てお酒を楽しめるバーに移動すると、彼女はやっぱり悲しいのか悩みを少しずつ話してきました。
僕は聞き役に周り、彼女の話しを繰り返してあげると「自分でごちゃごちゃしていた気持ちがどういうことなのか整理できた気がする。ありがとう」と少し元気になってくれたようです。
そして夜を一緒に過ごすことをOKしてくれました。

彼女の裸体は23歳の若々しい身体で、旦那にも相手をしてもらわなかった分、独身の女の子と全く変わりません。
そんな彼女を丁寧に前戯を始めると、彼女はどんどん感じるようになり、恥部を愛撫するころには大きな喘ぎ声を出すようになっていました。
「ダメ、早く挿れて」
よほど欲求不満なのか、23歳の彼女からそんなお願いをされるとは思いませんでした。
彼女の願い通りに濡れたアソコに肉棒を挿れると奥まであっさり入り、最初から激しく突き続けました。
彼女はそれだけですぐに感じてしまい、ものの数分でイッてしまいました。
あまりに早かったので、僕は着いて行けずに後で彼女のお腹に発射しました。
「先にイってごめんなさい・・」
彼女は1年くらいセックスしていないといい、今日はいっぱいしてほしいと懇願しました。
その日は一晩中彼女の欲求不満を解消してあげました。
彼女はその日のうちに不倫関係になってほしいとお願いしてきました。
別居状態なら旦那に気づかれることも無いと思いOKしました。

その後は彼女の家でセックスしたりして、彼女は興奮しているようでした。
これまでの旦那の冷たい仕打ちを1つずつ解消してあげて彼女のこれまでの欲求不満を解消してあげようと思います。


【完全無料】人妻性体験